PEOPLE新東海製紙を語る

トップページ 採用情報

若手社員が語る、新東海製紙。

新東海製紙の若手社員が、入社動機や仕事のやりがい、社風などについて語る、会社紹介ムービーです。

  • 2017年入社  製造部 第一課 所属

    大石 昇

    OOISHI SHOU

    紙の強度を高めたり、着色したりするために、原料を調成する仕事をしています。日常生活のなかで、世の中に役立つ分かりやすい仕事をしたいと思い、入社しました。会社の一員として利益を上げていくことを常に考えて、行動したいと思います。

  • 2017年入社  製造部 第一課 所属

    武井 郁達

    TAKEI FUMITATSU

    当社の主力である9号抄紙機のオペレートをしています。入社してから、少しずつ自分の仕事の重要さが分かってきました。暮らしや産業を支える製品をつくっていることにやりがいを感じています。先輩たちはとても面倒見がよくて助かっています。

  • 2017年入社  製造部 第二課 所属

    平口 樹

    HIRAGUCHI TATSUKI

    パルプから異物を取り除く精選という工程から、抄紙機に原料を送るまでの工程を管理しています。工場内を歩くと、会社の規模の大きさを改めて実感します。通勤退勤の時に、倉庫に積まれている自分が関わった製品を見ると、大きな喜びを感じます。

  • 2017年入社  環境安全部 用排水課 所属

    木村 智也

    KIMURA TOMOYA

    製紙で使われた水をきれいにして、川に戻す排水係という仕事をしています。他の部署の方から、いまから排水物を流すのでお願いしますと言われると、嬉しくなります。職場の先輩がとても明るく迎えてくれて、楽しく仕事をしています。

社員インタビュー